So-net無料ブログ作成

自作釣具第4弾【鮎ラインホルダー】 [ハンドクラフト]

仕掛台、編込みホルダー、ノットマスターなどとも呼ばれ、鮎の仕掛けを作る時の必需品ですが、市販のものは1万円以上しますので、自作しました。
s-IMG_0007.jpg
s-IMG_0006.jpg
ベースはトールペイントの材料(1000円)と10×30の角材(200円)、アームは5×20の板材(200円)、ゴム足(4個セットで450円)、ネジ類はホームセンターで適当に買ってきて合わせて3000円以下で出来ました。
後で追加で中古で見つけた棚カウンター(500円)を付けてみましたが、これは機能していないです(一定のテンションで張っていないと誤差が大きいようです)。

自作釣具第3弾【ガン玉外し】 [ハンドクラフト]

自作と言えるかわかりませんが・・・・。
s-IMG_0012.jpg
s-IMG_0011.jpg
D社のプチリングオープナーの先をガン玉の割れ目に入るように削っただけですが、実践では、写真のようにピンオンリールにぶら下げても、軽くてじゃまにもならず、すこぶる使い勝手は良いです。


自作釣具第2弾 【わかさぎ 針外し】 [ハンドクラフト]

渓流シーズンが終わったらワカサギのシーズンということで今週はワカサギの針外しを作りました。
思い立って100円ショップとホームセンターを回ったのですが、金属の鉛筆キャップがどこにもない。すべてプラスチックのものになっていて、あげくの果てに鉛筆削りまでついている。
大き目の文具屋に行って、やっとアルミ製のキャップを見つけました。
キャップを取り付けるクリップは、ちょうど同じ文具屋で見つけた値札用のクリップです。
s-IMG_0004.jpg
クリップの値札が取付くところに、M4のネジの入る穴(Φ4.2)を3個開け、それぞれの穴にM4×20のネジを通し、M4のナットを2個付けて、そのナットに鉛筆キャップを取り付けて完成。
s-IMG_0002.jpg
私の行くところのワカサギは小さいものが大半なので、スキマが出来るだけ小さくなるよう、穴のピッチは9mmにしました。キャップはそのままだと根元で干渉して入らないので、折り返しのところを潰して入れています。

s-IMG_0003.jpg
バケツに付けるとこんな感じ。

これもまだ実践で使ってませんので使い勝手は不明。ただ、アルミのキャップはやはりちょっと締め付けが弱いので、スチール製のキャップを見つけたら交換する予定。







自作釣具第1弾 【鮎の根掛り外し】 [ハンドクラフト]

今年の渓流シーズンもあとわずか。ラストスパートをかけたいところですが、週末は毎週雨。わずかな合間をぬって出動しても台風による増水で、とても釣れる状態ではありません。
ということで、写真は6月6日に釣った27cmの多分今年一番になる本流ヤマメです。
s-IMG_0309.jpg

釣りに行けない休みの日は、100円ショップとホームセンターを回って、釣り具を自作していましたので、紹介します。

自作 【鮎 根がかりはずし】

s-IMG_0331.jpg
材料はダイソーで買った差し棒とホームセンターで買った2mm径のステンレス製の針金

s-IMG_0334.jpg
差し棒の先のゴムを剝くとこんな感じ。

s-IMG_0335.jpg
その先にドリルで2mmの穴を開けて。

s-IMG_0346.jpg
針金を手頃な空き缶で(D社のカタログを参考に)フォーミングし、コニシの2液性の接着剤で穴に取り付けて完成。

s-IMG_0345.jpg
伸ばした感じはこんなもんです。

残念ながら、今年は渇水で、ほとんど手が届くような浅瀬でした釣りが出来ず出番はなし・・・で、実践の使い心地は不明です。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。